カテゴリー: PROJECT

アクア ヴィテ IN GIVERNY 2016  開催レポート

大阪福島区にあるジヴェルニーでは、11月16日~11月22日の期間中、BARにアート作品を設え、営業いたしました。

当店で使用している氷(ロック用、タンブラーグラス用、シェーク用)を水源とした作品3点を展示。

氷がとけて生じる1滴1滴の水滴は、時を刻み、その瞬間だけの世界感を演出してくれました。

お客様には、また違った世界感でお酒、BARをお愉しみいただき、ジヴェルニーが目指している世界感を改めてお伝えさせていただく、ありがたい機会になりました。

「無心になれる」「久しぶりの落ち着き」「騒々しい街中であえて、こんな雰囲気いいですね。」「あまりしゃべらないで過ごすのもいいな」といったお声をいただきましたが、通常営業においても、そういったお気持ちになっていただけるような、空間づくりを目指していきたいと思います。

 

外来BAR文化と都会の非日常「市中の山居」をコンセプトに設えた四畳半BAR。

ジヴェルニーには、お客様が日常と自分らしく向き合う、水(お酒)と光(瞬間)があります。

フランス・ジヴェルニー村にある水の庭園のような。

当店の名前の由来、コンセプト等、期間中はよりわかりやすくお伝えできました。

展示内容を簡単にご紹介させていただきますので、ご覧いただければ幸いです。

 

 

アクア・ヴィテ IN GIVERNY

日頃、当店で使用している水(ロックグラス用、タンブラーグラス用、シェーク用)を水源とした水と光による作品3点を展示しております。

水がとけ、その瞬間だけに生じる1滴1滴の水滴と水紋による動き、また自然界における水循環を表現された各作品から、生きていること、生命を想像させてくれます。

 

zentai

 

kori

 

koori2

 

hanasashi
日頃、一輪挿しを設置している箇所にある作品。 一輪挿しを根底に制作していただきました。 湿度、温度によって、動きが違う点が花と氷通性があります。 受け皿に溜まる水の量などから、時の刻み、その瞬間を感じることができ、一輪挿しの役割を果たしてくれました。

 

 

kabe35

 

kabe31

 

kabe30

 

dsc_0428

 

kabe7

kabe5

 

 

 

kaaunta8

 

zyouhatu

 

zyohatu

 

kaunta5

 

kaunta

 

kaunta6

大阪 福島 BAR&アート 期間限定の営業 -アクアヴィテIN GIVERNY- ご案内 

大阪 福島・路地裏〝市中の山居〟4畳半BAR で水と光をテーマにした企画
-Aqua Vitae-(アクア・ヴィテ/ いのちの水)と光の幻想的な競演を愛でながら、都会で過ごす非日常のひとときを提案

大阪・福島の路地裏にあるBAR「ジヴェルニー」(大阪市福島区福島5-12-8)では、2016年11 月16 日より11 月22 日まで、期間限定で、神秘的なAqua Vitae(アクア・ヴィテ/ いのちの水)に光を当てたアート作品をカウンターに設え、営業いたします。

 

ジヴェルニーは2014 年10 月のオープン以来、「外来BAR 文化を心地よく。日々を豊かにする、スタイルある酒のあそび方」をテーマにお客様が自分らしいシーンを描ける空間を目指して参りました。

近代的な高層ビルに囲まれながら、今なお昭和のノスタルジーを色濃く残す長屋路地〝市中の山居〟をイメージして設えた、わずか4 畳半4席の小空間。そんな都会の非日常で表現される、外来BAR 文化とお客様の感覚による、今ここだけのスタイルあるシーン数々…。

2年の間に、多くのお客様がそれぞれのスタイルで、それぞれのシーンを描いてこられました。

roziura
路地裏の様子
DSC_0606
夜、通常営業時の店内。(昼営業は自然光のみ。照明なし)

期間中は(11月16日~11月22日)、幻想的な水と光のアート作品が、一枚板のカウンター上を美しく照らし出します。人によって見え方が違うジヴェルニーの水と光は、その瞬間を楽しむためのお酒、自分らしく向き合う瞬間であることを改めて気付かせてくれます。

光を受けた水は、繊細でありながらもエネルギーを秘めたゆらめきや色合いを創り出し、表情を変えながら時を刻みます。

「いのちの水」が刻々と姿を変えるさまは、まさに神秘的であり、向き合うことの大切さを教えてくれる存在です

水と光をテーマにした企画が、本当の自分らしさと向き合うきっかけに、そして日常を高めるための一助となれば幸いです。

※Aqua Vitae(アクア・ヴィテ)※
〝Aqua Vitae〟とはラテン語で、「Aqua=水、Vitae=生命」、つまり「いのちの水」のこと。中世、蒸留酒は 「アクア・ヴィテ」と名付けられ、世界各地に蒸留技術が広がりました。アクア・ヴィテは、歴史、名前共に神秘性を感じる、BAR 文化において欠かせない存在といえます。

- 企画 場所-
GIVERNY- ジヴェルニー
大阪市福島区福島5-12-8 馬淵ビル1F
TEL/FAX 06-6454-8807 MAIL giverny@myad.jp
WEB www.giverny-bar.com
平日  15:30~23:00(22:30last)
土曜日 13:30~23:00(22:30last)
日曜日 13:30~23:00(22:30last)

火曜日・祝日 休み

-期間-

11月16日~11月22日

日曜日・火曜日 期間中のみ営業

※お席は、1~2名様でご利用の方を優先とさせていただきます。※