カテゴリー: NEWS

GIVERNY NEW BARコースター完成 

大阪福島区にあるジヴェルニーです。

バーで使用するコースターのデザインを変更しました。

写真

 

前回よりロゴのサイズを小さくし、余白(間)をいかしてみようかと。

ロゴが、さりげなくポッとある感じが気に入ってます。

このコースターは、言わずと知れたグラスに敷くための一つのアイテムです。

しかし、それだけのモノではないと考えています。

差し出した人(バーテンダー)の気持ちが込められているのではないかと。

お酒を注ぐ時、カクテルを作る時、そしてお客様の前に、ご用意する時というのは、当然のことながら気持ちが入ります。

しかし、カウンターにお座りいただいて、コースターをお客様の前にご用意する最初の瞬間も、気が入るわけで。。

もしかしたら、この時の方が気持ちが入っているかもしれません。

ご来店ありがとうございます。よろしくお願いします、といった感じでしょうか。。。

ご用意する際は、言葉なく、普通にサッと置かせていただく感じですが、心の中では、こういった心情です。

行動、視覚、かたちとして、実際は見えないことですが、大切なことだと思っています。

視覚ではわからないかたち、心の中、想像の中にある、さりげないかたち。

想像の世界なので、伝わり方は、お客様によってさまざまかと思います。

その人だけが、その瞬間に、そこだけの空間で感じること。。。

自分らしさ、個人の感覚で楽しめる空間づくり、ジヴェルニーにおいて、コース―ターの役割も重要ですね。

本日より使用開始。

よろしくお願いします。

 

写真

 

 

 

 

 

 

 

GIVERNY 花さしについて

花さしをジヴェルニーのバックバー柱に設けています。

今まで話題にしたことありませんが、ウイスキー貯蔵に使用されていた樽からとれた樽材の花さしです。

そのうえ、作家による1点もの作品ということで、今、ここだけを感じる花、BARに合うなと思っています。

この花さしにいける花は、福島区にあるフラワーショップ(花屋)でいつも選んでいます。 このシーズンいちおしで人気ある春の花が、ラナンキュラスということで、前回に引き続き、今回もラナンキュラスにしました。

毎回、思いますが、花さしのみならず、空間全体も新鮮で新しい空気にしてくれます。

たった1本ですが、秘めている存在意義はすごいなと。

花を束ねた花束のような豪華で、誰もが一目でわかる魅力ではなく、人によって感じ方が違う、その人だけが感じることができる魅力。

よく見て考えて想像してみたら、いいなあみたいな、さりげなくある存在。

ジヴェルニーの空間も、そうありたいと思っています。

 

写真 1

 

写真 2

BARカウンター リフォーム

現在、BARカウンターに、肘置きを設置する予定です。

というわけで、カウンター天板のサイズを採寸しました。

写真

採寸ミス、間違ったら大変なことになりそうなので、慎重に採寸しました。

あとは、使用するレザーをサンプルから選んで、発注するだけですが、簡単にレザーといえど、膨大な種類があるようで。。。

業者の方にお願いして、選択肢を数種類にしぼっていただきました。

届いたサンプルは、本革で国内老舗メーカー・栃木レザーのもの。

どれもいい感じですね。

この中のどれが、ジヴェルニーのカウンターで活躍してくれることになるのか。

肘置きが、完成しましたら、またご報告します。

 

写真

 

1月休業日

1月休業日について

休業日 1月11日、1月19日、1月24日

営業時間変更日

1月12日、1月26日 19時30分より営業

GIVERNY 年始のご挨拶

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

旧年中は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。

本年も変わらぬ、ご愛顧のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

GIVERNY 2015年度末 ご挨拶

12月28日をもちまして、2015年度の営業が終了致しました。

本年も格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。

年始は、1月6日より営業させていただきます。

2016年度も変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

ジヴェルニー NEW看板完成。

お待たせしました。

ようやくNEW看板が完成しました。

本日より設置しております。

光りの具合により、かすかに映えるオーク材の木目がたまりません。

無垢一枚板の手書きの突き出し吊り看板。

完成です。

写真

 

福島区公園にある紅葉

営業前にちょっとだけ散歩しました。

11月下旬にしては、気温も高かめで暖かいです。

しかし、さすがに秋が終わりに近づいていることを感じました。

自然環境から月日の経過を感じると、感慨深いものです。

2015年度末にむけて、しっかり過ごしていきたいと思います。

それにしても、快晴の澄み切った秋空と紅葉がいい感じ。

写真 2