カテゴリー: NEWS

2018年4月休業日

休業日

4月2日、4月9日、4月10日、4月16日、4月23日、4月30日

※ゴールデンウィークは、通常の曜日営業時間で営業いたします※

 

カクテルバーゴーアラウンド in 大阪 2018

カクテルバーゴーアラウンド in 大阪 2018。

5月の1カ月間大阪市内6エリア27店舗で行われるバー、カクテルのイベントです。

当店ジヴェルニーは、5月13日の1日だけ参加させていただきます。

当店にてバッジ、スタンプラリーリーフレットをお買い求めいただけます。

ご興味のある方は、店内にてお問合せください。

Print Print

2月休業日

休業日 2月5日、2月12日、2月19日、2月26日

※2月24日土曜日16時30分~営業※変更有

※2月中、営業時間変更日あり 随時更新予定※

バー ジヴェルニー 2018年度より

2018年1月より、水曜日限定でBAR&ART 「アクア ヴィテ」を開催させていただくことになりました。

 

常設はしないのですか?

もう一回見たい。

見たいけど日程が2週間だけだと予定が合わない。

といったご意見もあり、今年からは週1回、開催させていただきます。

毎週水曜日は水と光をテーマに、氷を水源としたアート作品(過去の作品)を設え、BAR営業いたします。

新作は11月開催予定です。

画像では限界がありますので、よろければ水曜日に実物をご覧ください。

DSC_0667

 

DSC_0686

 

DSC_0782

 

最近はBAR&ARTの話題が多いですね。

たまには、当店でご用意しているカクテルのお話を。

酔うためのお酒ではなく、日常生活を高め、豊かさを感じていただきたく、始めた昼バー営業。

そのために古くからある日本の空間感覚、市中の山居からインスピレーションを得て、選んだ移ろいのある四畳半の小空間。

オープンして3年。

当初、昼バーに関しては、いろんなご意見がありましたが、ありがたいことに「自然光がある中、敢えて昼からバー、お酒を楽しむのは贅沢でいいですね」というお声をいただいています。

ですので、豊かさを感じていただけるカクテルを意識しています。

 

今回はアイリッシュコーヒー。

豊かさを感じていただきたいので、スタンダードを意識しながらも、口当たり、飲み心地の良さ、余韻をお楽しみいただけるように工夫しています。

また、ジヴェルニー村があるフランス・ノルマンディー地方の銘酒カルヴァドスと合わせた当店オリジナルバージョンもご用意しました。

コーヒーとウイスキーでは醸し出せない、昼バーに相応しい、贅沢な余韻をお楽しみいただけます。

その昔、裕福な家の人は庭の離れに四畳半を基準とした小屋(茶室)を建て、お茶、お花をして非日常を楽しみ、また戦国武将はわざわざ刀を置いて、狭い茶室に入り、戦略を練ったといわれています。

ようは、日常生活で非日常を求め、気持ちを切り替える時間をとっていたということです。

小空間は非日常を感じることができ、精神性を研ぎ澄ましてくれるのかもしれません。

現代の日本では、日常のリセット目的でコーヒーを飲みます。

敢えて小空間に身を置き、昼から移ろいを感じながら飲むコーヒーを使ったカクテルは寒い冬のリフレッシュにおすすめです。

酔うためのお酒ではなく、日常を高めるお酒と非日常な空間。

お客様が本当の自分らしさ、日常生活と向き合っていただけるような。

写真はアイリッシュコーヒー、スタンダードバージョンです。

移ろいを取り入れながら、撮影できたので掲載します。

時計、携帯電話なしで過ごす時間もいいですよ。

本当に。

 

IMG_0893

 

IMG_0903

 

IMG_0916

 

 

 

 

 

大阪市福島区

BAR GIVERNY

バー ジヴェルニー

BAR&ART

Aqua Vitae

アクア ヴィテ

昼 アイリッシュコーヒー

 

1月休業日

休業日

1月8日、1月15日、1月22日、1月29日

以上

 

 

 

 

 

 

大阪福島区

BAR GIVERNY

バー ジヴェルニー

謹賀新年 GIVERNY

謹んで新春のお慶びを申し上げます

旧年中は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます

本年も変わらぬご愛顧のほど何卒よろしくお願い申し上げます

2018年 元旦

 

 

 

 

大阪市福島区

BAR

GIVERNY ジヴェルニー

BAR&ART アクア・ヴィテ 2017年11月 開催いたしました

11月14日~11月宇26日の期間中、水と光をテーマに創られたアート作品を店内に設置しながら、BAR営業をする 「BAR&ART アクア・ヴィテ」が行われました。

今回も水源は「氷」。

氷のかたち、その時の温度、湿度によって生まれる水滴による水の表情が、まさに今、ここだけの空間を演出してくれます。

 

お客様がカウンターと向き合える、カウンターの各席にて違う時の刻みを表現した4月。

バックバー(酒棚)を見る、バックバーと時間を向き合うという意味で酒棚に設置した7月。

今回11月は、BARの空間、空気感から時を感じ、向き合うということで、作品はカウンターに設置し、天井に水の表情を出してもらいました。

カクテルメイクを始めると天井にバーテンダーの影、使用材料のボトルの影が水影に映り込みます。

BARの表情が垣間見えます。

蜘蛛の糸を思わせる細いヒモを辿って、氷から滴り落ちるしずくは、気持ちを無心にさせてくれる時の刻みであります。

お客様からは、ありがたいことに好評でした。

2017年度は、4月、7月、11月、予定通り開催することができました。

開催期間が、限定されているにもかかわらず、わざわざこの企画、作品のために、ご来店いただきました皆様に心よりお礼申し上げます。

2018年度、開催に関しましてはまだ何も公表できませんが、決まり次第、お知らせいたします。

本当にありがとうございました。

 

DSC_0614

 

DSC_0100

 

DSC_0437

 

DSC_0440

 

DSC_0782

DSC_0168

 

DSC_0064

 

DSC_0747
水影がボトルに映り込みます。 水面にもボトルが現れます。

 

 

DSC_0740

 

DSC_0686
このタイミングでお知らせします。 ヴェスパーマティーニのレシピが変わりました。 ゴードンジン、ベルヴェデールウォッカ、キナ・ラエロ・ドール、セイクレッド デュークス ヴェルモット。 使用材料は、007カジノロワイヤルの映画版ではなく、小説版のセリフ内容からイメージしております。 キナ・リレの代替えでリレブラン、マンチーノ等ありますが、実際に行ったロンドン、デュークスホテルでの思い出もあり、デュークスのベルモットを使用し、キナリキュールと合わせます。

 

 

 

 

BAR&ARTとは関係ありませんが。。。。

せっかくなので、画像アップします。

2014年5月訪問時、撮影。

P1050267
ロンドン デュークスホテル バー エントランス。

 

 

P1050259
デュークスマティーニ。 ステアしないこと、オリーブではなく、大きいレモンピール入れるといったことが特徴

 

 

 

 

 

 

 

大阪 福島区 バー

fukushimaku osaka city BAR

ジヴェルニー

GIVERNY

BAR ART OSAKA