カテゴリー: Aqua Vitae

バー ジヴェルニー 2018年度より

2018年1月より、水曜日限定でBAR&ART 「アクア ヴィテ」を開催させていただくことになりました。

 

常設はしないのですか?

もう一回見たい。

見たいけど日程が2週間だけだと予定が合わない。

といったご意見もあり、今年からは週1回、開催させていただきます。

毎週水曜日は水と光をテーマに、氷を水源としたアート作品(過去の作品)を設え、BAR営業いたします。

新作は11月開催予定です。

画像では限界がありますので、よろければ水曜日に実物をご覧ください。

DSC_0667

 

DSC_0686

 

DSC_0782

 

最近はBAR&ARTの話題が多いですね。

たまには、当店でご用意しているカクテルのお話を。

酔うためのお酒ではなく、日常生活を高め、豊かさを感じていただきたく、始めた昼バー営業。

そのために古くからある日本の空間感覚、市中の山居からインスピレーションを得て、選んだ移ろいのある四畳半の小空間。

オープンして3年。

当初、昼バーに関しては、いろんなご意見がありましたが、ありがたいことに「自然光がある中、敢えて昼からバー、お酒を楽しむのは贅沢でいいですね」というお声をいただいています。

ですので、豊かさを感じていただけるカクテルを意識しています。

 

今回はアイリッシュコーヒー。

豊かさを感じていただきたいので、スタンダードを意識しながらも、口当たり、飲み心地の良さ、余韻をお楽しみいただけるように工夫しています。

また、ジヴェルニー村があるフランス・ノルマンディー地方の銘酒カルヴァドスと合わせた当店オリジナルバージョンもご用意しました。

コーヒーとウイスキーでは醸し出せない、昼バーに相応しい、贅沢な余韻をお楽しみいただけます。

その昔、裕福な家の人は庭の離れに四畳半を基準とした小屋(茶室)を建て、お茶、お花をして非日常を楽しみ、また戦国武将はわざわざ刀を置いて、狭い茶室に入り、戦略を練ったといわれています。

ようは、日常生活で非日常を求め、気持ちを切り替える時間をとっていたということです。

小空間は非日常を感じることができ、精神性を研ぎ澄ましてくれるのかもしれません。

現代の日本では、日常のリセット目的でコーヒーを飲みます。

敢えて小空間に身を置き、昼から移ろいを感じながら飲むコーヒーを使ったカクテルは寒い冬のリフレッシュにおすすめです。

酔うためのお酒ではなく、日常を高めるお酒と非日常な空間。

お客様が本当の自分らしさ、日常生活と向き合っていただけるような。

写真はアイリッシュコーヒー、スタンダードバージョンです。

移ろいを取り入れながら、撮影できたので掲載します。

時計、携帯電話なしで過ごす時間もいいですよ。

本当に。

 

IMG_0893

 

IMG_0903

 

IMG_0916

 

 

 

 

 

大阪市福島区

BAR GIVERNY

バー ジヴェルニー

BAR&ART

Aqua Vitae

アクア ヴィテ

昼 アイリッシュコーヒー

 

BAR&ART アクア・ヴィテ 2017年11月 開催いたしました

11月14日~11月宇26日の期間中、水と光をテーマに創られたアート作品を店内に設置しながら、BAR営業をする 「BAR&ART アクア・ヴィテ」が行われました。

今回も水源は「氷」。

氷のかたち、その時の温度、湿度によって生まれる水滴による水の表情が、まさに今、ここだけの空間を演出してくれます。

 

お客様がカウンターと向き合える、カウンターの各席にて違う時の刻みを表現した4月。

バックバー(酒棚)を見る、バックバーと時間を向き合うという意味で酒棚に設置した7月。

今回11月は、BARの空間、空気感から時を感じ、向き合うということで、作品はカウンターに設置し、天井に水の表情を出してもらいました。

カクテルメイクを始めると天井にバーテンダーの影、使用材料のボトルの影が水影に映り込みます。

BARの表情が垣間見えます。

蜘蛛の糸を思わせる細いヒモを辿って、氷から滴り落ちるしずくは、気持ちを無心にさせてくれる時の刻みであります。

お客様からは、ありがたいことに好評でした。

2017年度は、4月、7月、11月、予定通り開催することができました。

開催期間が、限定されているにもかかわらず、わざわざこの企画、作品のために、ご来店いただきました皆様に心よりお礼申し上げます。

2018年度、開催に関しましてはまだ何も公表できませんが、決まり次第、お知らせいたします。

本当にありがとうございました。

 

DSC_0614

 

DSC_0100

 

DSC_0437

 

DSC_0440

 

DSC_0782

DSC_0168

 

DSC_0064

 

DSC_0747
水影がボトルに映り込みます。 水面にもボトルが現れます。

 

 

DSC_0740

 

DSC_0686
このタイミングでお知らせします。 ヴェスパーマティーニのレシピが変わりました。 ゴードンジン、ベルヴェデールウォッカ、キナ・ラエロ・ドール、セイクレッド デュークス ヴェルモット。 使用材料は、007カジノロワイヤルの映画版ではなく、小説版のセリフ内容からイメージしております。 キナ・リレの代替えでリレブラン、マンチーノ等ありますが、実際に行ったロンドン、デュークスホテルでの思い出もあり、デュークスのベルモットを使用し、キナリキュールと合わせます。

 

 

 

 

BAR&ARTとは関係ありませんが。。。。

せっかくなので、画像アップします。

2014年5月訪問時、撮影。

P1050267
ロンドン デュークスホテル バー エントランス。

 

 

P1050259
デュークスマティーニ。 ステアしないこと、オリーブではなく、大きいレモンピール入れるといったことが特徴

 

 

 

 

 

 

 

大阪 福島区 バー

fukushimaku osaka city BAR

ジヴェルニー

GIVERNY

BAR ART OSAKA

-BAR&アート アクア・ヴィテ IN GIVERNY- 2017年11月 開催

あまから手帖9月号にて、ご紹介いただいたジヴェルニー企画「BAR&アート アクアヴィテ」を予定通り、11月に開催する運びとなりました。

4畳半スペースにて、BARとアートによる期間限定の空間をお愉しみいただければ幸いです。

 

-BAR&アート アクア・ヴィテ IN GIVERNY-

企画 ジヴェルニー

Art Produce 七野 大一

期間 2017年11月14日~2017年11月26日

場所 大阪市福島区福島5-12-8-1F GIVERNY

休業 2017年11月20日

-内容-

大阪福島区にあるBAR GIVERNY‐ジヴェルニーでは、2017年11月14日~11月26日の期間中、水と光をテーマにしたアート作品をバックバーに設え、BAR営業いたします。

光を受けた水は、繊細でありながらもエネルギーを秘めたゆらめきや色合いを創り出し、表情を変えながら時を刻みます。

刻々と姿を変える神秘的な水滴は、まさに時の刻みを象徴する存在です。

一滴一滴が生きていることを感じさせ、日常生活と向き合う時間の大切さを教えてくれます。

ジヴェルニーで生まれる水と光の世界感が、本当の自分らしさと向き合うきっかけに、そして日常を高めるための一助となれば幸いです。

※Aqua Vitae(アクア・ヴィテ)※
〝Aqua Vitae〟とはラテン語で、「Aqua=水、Vitae=生命」、つまり「いのちの水」のこと。中世、蒸留酒は 「アクア・ヴィテ」と名付けられ、世界各地に蒸留技術が広がりました。アクア・ヴィテは、歴史、名前共に神秘性を感じる、BAR 文化において欠かせない存在といえます。

 

2017年7月開催時 写真

氷を水源としたアート作品をバックバーに設置

tana yoru

 

DSC_0667

BAR&アート アクア・ヴィテ IN GIVERNY 開催

明日より約2週間、水と光をテーマにしたアート作品を設え、営業いたします。

前回まで過去2回は、カウンターに作品を設えて開催。

カウンター各席に、お客様が無心で向き合えるそれぞれの時の刻みを表現していただきました。

 

今回は、バックバーに設置。

バックバーと向き合う、見るというものBARのスタンダードな過ごし方の一つです。

お客様にお愉しみいただきながら、そういったことをさりげなくお伝えできればと思っています。

sakuhin1

 

sakuhin2

 

今回も氷を水源に今ここだけのしずく、水滴から表現。

水滴が天板に落ちると、壁にきれいな波紋が現れます。

バックバー壁紙の植物が、まるで水面、水辺にあるかのような波紋の数々。

店名の由来のフランス・ジヴェルニー村モネ邸にある水の庭園も想像させてくれます。

 

sakuhin3

 

tana yoru

 

 

 

ike2

作家 七野 大一氏には、当店のコンセプト、イベントの意図をしっかり捉えていただき、見事に作品として表現していただきました。

いよいよ明日からです。

お客様に、是非ご覧いただきたいと思えるものをご用意することができました。

今回も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

-BAR&アート アクア・ヴィテ IN GIVERNY-

企画 ジヴェルニー

Art Produce 七野 大一

期間 2017年7月12日~2017年7月24日

場所 大阪市福島区福島5-12-8-1F GIVERNY

休業 2017年7月17日

-企画内容-

大阪福島区にあるBAR GIVERNY‐ジヴェルニーでは、2017年7月12日~7月24日の期間中、水と光をテーマにしたアート作品をバックバーに設え、BAR営業いたします。

光を受けた水は、繊細でありながらもエネルギーを秘めたゆらめきや色合いを創り出し、表情を変えながら時を刻みます。

刻々と姿を変える神秘的な水滴は、まさに時の刻みを象徴する存在です。

一滴一滴が生きていることを感じさせ、日常生活と向き合う時間の大切さを教えてくれます。

ジヴェルニーで生まれる水と光の世界感が、本当の自分らしさと向き合うきっかけに、そして日常を高めるための一助となれば幸いです。

※Aqua Vitae(アクア・ヴィテ)※
〝Aqua Vitae〟とはラテン語で、「Aqua=水、Vitae=生命」、つまり「いのちの水」のこと。中世、蒸留酒は 「アクア・ヴィテ」と名付けられ、世界各地に蒸留技術が広がりました。アクア・ヴィテは、歴史、名前共に神秘性を感じる、BAR 文化において欠かせない存在といえます。

 

BAR&アート アクア・ヴィテ IN GIVERNY 開催のご案内

-BAR&アート アクア・ヴィテ IN GIVERNY-

企画 ジヴェルニー

Art Produce 七野 大一

期間 2017年7月12日~2017年7月24日

場所 大阪市福島区福島5-12-8-1F GIVERNY

休業 2017年7月17日

-企画内容-

大阪福島区にあるBAR GIVERNY‐ジヴェルニーでは、2017年7月12日~7月24日の期間中、水と光をテーマにしたアート作品をバックバーに設え、BAR営業いたします。

光を受けた水は、繊細でありながらもエネルギーを秘めたゆらめきや色合いを創り出し、表情を変えながら時を刻みます。

刻々と姿を変える神秘的な水滴は、まさに時の刻みを象徴する存在です。

一滴一滴が生きていることを感じさせ、日常生活と向き合う時間の大切さを教えてくれます。

ジヴェルニーで生まれる水と光の世界感が、本当の自分らしさと向き合うきっかけに、そして日常を高めるための一助となれば幸いです。

※Aqua Vitae(アクア・ヴィテ)※
〝Aqua Vitae〟とはラテン語で、「Aqua=水、Vitae=生命」、つまり「いのちの水」のこと。中世、蒸留酒は 「アクア・ヴィテ」と名付けられ、世界各地に蒸留技術が広がりました。アクア・ヴィテは、歴史、名前共に神秘性を感じる、BAR 文化において欠かせない存在といえます。

 

kabe32

GIVERNY 本日より通常営業

4月12日から開催しておりました、[アクア・ヴィテ IN GIVERNY] 無事終了いたしました。

期間中にご来店いただきましたお客様ならびに企画をご紹介していただきました皆様に心よりお礼申し上げます。

 

普段、ジヴェルニーでは、外来BAR文化と都会の非日常「市中の山居」をコンセプトに設えた四畳半BARに、日常と自分らしく向き合える水(お酒)と光(瞬間)をご用意しております。

4畳半の空間に自然光、移ろいを取り入れ、昼からBAR営業しているのもそういった理由です。

期間中は、アート作家にご協力をいただき、期間限定の水と光をご用意。

 

DSC_0171

氷の溶け方、水の見え方、動きが違うアート作品を各席に設け、それぞれの世界感、時の刻みを演出。

 

DSC_0236

 

DSC_0182

 

瞬間を彩る光の下、グラスの中でゆっくりと変化する氷や水を眺めながら、時を過ごすといったジヴェルニーにある水と光を、アートと共にご体感いただけたかと思います。

 

DSC_0308

昨年、開催時と同じく、幸いにも好評でした。

単なる集客目的、話題作りのためではない、BARとアートの競演を演出する企画をまた開催したいと考えてます。

何よりBARとお酒があってこその企画なので、当たり前のことながら、BARクウォリティもしっかり保てるよう、意識していきます。

ひとまず、本日より通常営業です。

 

 

 

 

大阪市福島区福島5丁目

BAR

GIVERNY

ジヴェルニー

Giverny_047

 

 

BAR&アート アクア・ヴィテ IN GIVERNY

-BAR&アート アクア・ヴィテ IN GIVERNY-

企画 ジヴェルニー

Art Produce 七野 大一

期間 2017年4月12日~2017年4月24日

場所 大阪市福島区福島5-12-8-1F GIVERNY

休業 火曜日

-企画内容-

大阪福島区にあるBAR GIVERNY‐ジヴェルニーでは、2017年4月12日~4月24日の期間中、水と光をテーマにしたアート作品をカウンターに設え、BAR営業いたします。

光を受けた水は、繊細でありながらもエネルギーを秘めたゆらめきや色合いを創り出し、表情を変えながら時を刻みます。

刻々と姿を変える神秘的な水滴は、まさに時の刻みを象徴する存在です。

一滴一滴が生きていることを感じさせ、日常生活と向き合う時間の大切さを教えてくれます。

ジヴェルニーで生まれる水と光の世界感が、本当の自分らしさと向き合うきっかけに、そして日常を高めるための一助となれば幸いです。

※Aqua Vitae(アクア・ヴィテ)※
〝Aqua Vitae〟とはラテン語で、「Aqua=水、Vitae=生命」、つまり「いのちの水」のこと。中世、蒸留酒は 「アクア・ヴィテ」と名付けられ、世界各地に蒸留技術が広がりました。アクア・ヴィテは、歴史、名前共に神秘性を感じる、BAR 文化において欠かせない存在といえます。

 

4月12日から予定通り始まりました。

今回は、カウンター上、各席に4作品を設置。

昨年11月の開催時とは違う新作です。

通常、BARカウンターに壁はありませんが、各席にお客様だけの時間が流れているパーソナルな空間があります。

氷を水源とした4作品それぞれの時を刻む、しずくの一滴一滴が、そういったメッセージを感じさせてくれます。

いつもとは、違った観点からBAR、お酒をお愉しみいただければ幸いです。

 

DSC_0060

 

 

DSC_0063
氷設置なし

 

 

DSC_0171
氷設置あり

 

 

 

 

-展示 各作品-(作品説明文 制作者による)

 

 

No.1

キューブアイスは時間を刻む様にしずくとなり、円形シャーレに溜まり波紋を映す。

それは、年を重ねることで角がとれて丸くなる命の成長を表現してます。

 

DSC_0077

 

 

DSC_0101

 

 

DSC_0019

 

 

DSC_0008

 

 

DSC_0308

 

 

No.2

ゴツゴツしたアイスが、やがてしずくとなり、ガラスドームの舞台(天面)に息づく。

ドーム内には、光に照らされた水影が、少しづつ変化する命の経過を表現してます。

 

DSC_0057

 

 

DSC_0115

 

 

DSC_0182

 

 

DSC_0026

 

DSC_0359

 

No.3

角が取れた球体のボールアイスは、しずくとなり箱内の水盤に一滴一滴降り落ちる。

しずく(水)は、脈を打つ様に壁面へ投影される命の鼓動を表現してます。

 

 

DSC_0083

 

 

DSC_0095

 

 

DSC_0214

 

DSC_0324

 

DSC_0236

 

 

DSC_0255

 

DSC_0294

 

DSC_0283

 

No.4

電球型の氷から光が、こぼれ落ちる様に水がしたたり円形のお皿に波紋が広がる。

それは、水たまりが池となり、やがて大きな湖となるように、世間に様々な影響を与える命の広がりを表現してます。

 

DSC_0048

 

 

DSC_0132

 

 

DSC_0272

 

BAR&アート 設置完了です

いよいよ明日から始まるBAR&アート アクア・ヴィテ IN GIVERNY。

本日、搬入および設置をしていただきました。

ひとまず、こんな感じです。

写真

 

「アクア・ヴィテ いのちの水」と関連づけられた氷を水源とした4作品のアート作品をご用意しております。

4席に対して4作品です。

期間限定の日常と自分らしく向き合うための水と光。

自分の時間を心静かに感じるための時の刻みとしてお愉しみいただければ幸いです。

各作品の写真と概要をまた後日お知らせします。

明日から24日まで。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

BAR&アート アクアヴィテ IN GIVERNY 開催のご案内

大阪福島区にあるBAR GIVERNY‐ジヴェルニーでは、2017年4月12日~4月24日の期間中、水と光をテーマにしたアート作品をカウンターに設え、BAR営業いたします。

光を受けた水は、繊細でありながらもエネルギーを秘めたゆらめきや色合いを創り出し、表情を変えながら時を刻みます。

刻々と姿を変える神秘的な水滴は、まさに時の刻みを象徴する存在です。

一滴一滴が生きていることを感じさせ、日常生活と向き合う時間の大切さを教えてくれます。

ジヴェルニーで生まれる水と光の世界感が、本当の自分らしさと向き合うきっかけに、そして日常を高めるための一助となれば幸いです。

※Aqua Vitae(アクア・ヴィテ)※
〝Aqua Vitae〟とはラテン語で、「Aqua=水、Vitae=生命」、つまり「いのちの水」のこと。中世、蒸留酒は 「アクア・ヴィテ」と名付けられ、世界各地に蒸留技術が広がりました。アクア・ヴィテは、歴史、名前共に神秘性を感じる、BAR 文化において欠かせない存在といえます。

‐開催期間‐
2017年4月12日~2017年4月24日
平 日 15時30分~23時00分(22時30分last)
土曜日 13時30分~23時00分(22時30分last)
日曜日 13時30分~18時00分(17時30分last)

- 企画 場所-
GIVERNY- ジヴェルニー
大阪市福島区福島5-12-8 馬淵ビル1F

-Art Produce-
七野 大一

kabe32
-写真-2016年11月 当店にて開催

アクア ヴィテ IN GIVERNY 2016  開催レポート

大阪福島区にあるジヴェルニーでは、11月16日~11月22日の期間中、BARにアート作品を設え、営業いたしました。

当店で使用している氷(ロック用、タンブラーグラス用、シェーク用)を水源とした作品3点を展示。

氷がとけて生じる1滴1滴の水滴は、時を刻み、その瞬間だけの世界感を演出してくれました。

お客様には、また違った世界感でお酒、BARをお愉しみいただき、ジヴェルニーが目指している世界感を改めてお伝えさせていただく、ありがたい機会になりました。

「無心になれる」「久しぶりの落ち着き」「騒々しい街中であえて、こんな雰囲気いいですね。」「あまりしゃべらないで過ごすのもいいな」といったお声をいただきましたが、通常営業においても、そういったお気持ちになっていただけるような、空間づくりを目指していきたいと思います。

 

外来BAR文化と都会の非日常「市中の山居」をコンセプトに設えた四畳半BAR。

ジヴェルニーには、お客様が日常と自分らしく向き合う、水(お酒)と光(瞬間)があります。

フランス・ジヴェルニー村にある水の庭園のような。

当店の名前の由来、コンセプト等、期間中はよりわかりやすくお伝えできました。

展示内容を簡単にご紹介させていただきますので、ご覧いただければ幸いです。

 

 

アクア・ヴィテ IN GIVERNY

日頃、当店で使用している水(ロックグラス用、タンブラーグラス用、シェーク用)を水源とした水と光による作品3点を展示しております。

水がとけ、その瞬間だけに生じる1滴1滴の水滴と水紋による動き、また自然界における水循環を表現された各作品から、生きていること、生命を想像させてくれます。

 

zentai

 

kori

 

koori2

 

hanasashi
日頃、一輪挿しを設置している箇所にある作品。 一輪挿しを根底に制作していただきました。 湿度、温度によって、動きが違う点が花と氷通性があります。 受け皿に溜まる水の量などから、時の刻み、その瞬間を感じることができ、一輪挿しの役割を果たしてくれました。

 

 

kabe35

 

kabe31

 

kabe30

 

dsc_0428

 

kabe7

kabe5

 

 

 

kaaunta8

 

zyouhatu

 

zyohatu

 

kaunta5

 

kaunta

 

kaunta6