月別: 2016年4月

大阪福島区で休憩

BARで休憩となると、居眠りといったイメージになるかもしれません。

BARでの居眠りは暗黙のルールで禁止行為とされています。

ほとんどのBARでそうだと思います。

 

休憩とは、何かを行っている途中で、少しの間休むことを意味しています。

 

都会、日常の中にある非日常。

外来BAR文化と市中の山居を融合した空間、ジヴェルニーでは、日常生活を過ごしている中で、少し休むといった目的で利用していただけます。

広さ四畳半の酒場で、酔うためだけのお酒ではなく、自分、日常を高めるための一杯を探し、自分らしさと向き合うことによって、日常では得られない休息の瞬間と出会えると考えています。

昼から、BARで酔うために過ごすのではなく、日常、生き方(ライフスタイル)をよりポジティブにするための休憩、お酒は、いかかですか?

 

 

 

Giverny_047

 

 

 

 

敢えて一人で過ごすために行くBAR

価値の情報化、固定化が進む現代社会。

日常生活で、自分らしく過ごす、自分らしさを感じる瞬間が減っているように思います。

流行、話題性等を意識し、集団で群れることから得る、安心感や優越感も人生の中で大切なことだと思います。

しかし、自分らしく日常と向き合う時間も大切で必要ではないでしょうか。

大阪福島5丁目界隈は、グループ、話題性による賑わいを見せております。

そんな中、敢えて一人で行動する。

人ごみをかきわけて、一人でBARに行く。

BARは、一人でも恥じらうことなく、胸を張ってお過ごしいただける場所です。

都会の中にある非日常、市中の山居と外来BAR文化を融合した4畳半の酒場。

自分らしさ、日常と向き合える、いわば客観的にご自身の生き方(ライフスタイル)について、追求することができます。

自分、日常を高めるために敢えてBARで一人過ごすのもおすすめです。

 

Giverny_157

 

 

帰宅前のバー、大阪福島区にあるBARで一人過ごす

大阪福島区にあるジヴェルニーは、昼、夕方前からバー営業しています。

写真

 

Giverny_009

日常業務、仕事を終え、個々の日常生活がある自宅に帰る前、自分らしさ、日常と向き合える一人の時間がほしいと思っている方がいらっしゃるとよく耳にするので、お知らせします。

自分らしさとは、個人の感覚、五感で感じ、想像することによって表れるものではないでしょうか。

昼バー、夕暮れ時のジヴェルニーには、本当の自分らしさ、スタイルに気づくための、水(お酒)、光(日常、移ろい)があります。

これから夏にかけて、夕方前から夜にかけてがおすすめです。

都会(日常)の中にある非日常。

それは、個人の感覚で感じ、想像できる言語化できない世界感。

忙しい日常生活の中で、お客様が自分らしさを感じる時間を確保できる場所です。

価値の情報化、固定化が進む、都会の現代社会に必要と考えています。

日々、パターン化された通勤。

帰宅する前、おひとりで一杯いかがですか?

大阪福島駅(大阪環状線・JR東西線・阪神電車)から徒歩5分。

路地裏で見つけていただければ、幸いです。

Giverny_047

大阪環状線、阪神電車、JR東西線がある大阪福島区5丁目は帰宅する前に立ち寄りやすい場所です。

ジヴェルニー カウンター椅子が変わりました。

カウンターをリニューアルする計画。

先日、肘置きが完成し、いよいよ椅子も変わりました。

姿勢を崩せるビジュアル的に良くない、居心地の良さではなく、姿勢を保った見た目が美しい、スタイルある居心地の良さをテーマに進めてまいりました。

椅子は、変わりましたが、オープン当初からのコンセプトは変わっておりません。

バックバーにあるお酒も徐々に増え、ゆっくりと変化してます。

今後もよろしくお願いします。

 

写真 1

 

写真 2

大阪で昼バー 昼から営業しているBARをお探しの方

昼からBARで飲む人っていらっしゃるのですか?といったご質問は多いです。

ニーズがある、ないの問題ではなく、ライフスタイルが多様化した現代社会において、今後必要とされる文化、場所だと考えています。

ジヴェルニーが目指しているのは、日常生活に支障をきたすような飲み方ではなく、自分らしさ、日常と向き合うための一杯、日常生活を高めるポジティブなお酒です。

ようは、ライフスタイルを豊かにするために、敢えて昼から飲むということです。

昼飲みはそうあるべきかと思います。

先日、お客様から、子育てをしている女性は、夜に出かけることができないため、ママ友たちと昼から夕方にかけて、カクテルが飲めるBARを探していましたといったお声をいただきました。

そもそも、昼バーは、日常を高めるために、なんとか自分の時間を確保しようとしている方々のために始めたところもあるので、非常にうれしいお言葉でした。

ジヴェルニーは窓があるため、昼BARとしてもおすすめです。

市中の山居のような、都会(日常)の中にある非日常。

本当の自分らしさ、日常(生き方)と向き合うためにある水(お酒)と光(移ろい)。

時計がない4畳半の酒場で感じる移ろい、時の刻み。

個人の感覚で感じ、想像できる今、ここだけのスタイル、シーンが生まれ、自分らしさ、日常(生き方)と向き合える空間。

昼バーは、大阪福島区にあります。

よろしければ是非。

 

Giverny_063

 

大阪福島区BARで待ち合わせ、食前酒

大阪福島区にあるジヴェルニーです。

 

 

 

バーは、食事の後、夜に行くといったイメージをお持ちの方が多いように思います。

お酒の飲み方で、食欲を促進するため、同席者との会話が弾むきっかけを作るため、食事前に飲む、食前酒、アペリティフというスタイルがあります。

大阪福島駅近くで、昼からBARとして営業しているジヴェルニーは、待ち合わせをかねたアペリティフ利用もよろしいかと思います。

種類としては、酸味、苦味、炭酸、度数が高めといったいわば、胃を活性化するようなお酒がおすすめです。

平日、週末ともに昼、夕方前から、大阪福島区路地裏で営業しております。

よろしければ是非。

 

Giverny_160

4月18日 営業時間変更のお知らせ

この度、ジヴェルニー店内にあるカウンター椅子を新調することになりました。

配達、納品の都合上、営業時間に変更があります。

誠に勝手ながら、4月18日の営業時間を18時~23時(last)とさせていただきます。

本来は、休業日に行うべきことではありますが、あらかじめご了承のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

大阪福島区で桜から感じる

営業前、大阪福島区、近隣を散歩中のこと。

都会、ビジネス街ならではの騒々しさ、現実感漂う中に、さりげなくある光景、瞬間に気持ちが癒されました。

写真 1

 

この時期、言うまでもなく、桜が見ごろ。

桜は、日本のスタイルあるシーンの代表だと思います。

人によって違う、思い出や感情がこみ上がってくることによって、その人だけが感じる瞬間。

満開の中、各一本、一片ずつ散っていく、花びらから感じる、今、ここだけでしか見れない、数日だけの光景。

単なる綺麗といった見た目、言葉だけのものではなく、心が癒される魅力は、自分らしく向き合えることにあると思います。

ジヴェルニーでも同じく、自分らしさを感じていただく、今ここだけの瞬間を演出していきたいと改めて思いました。

そして、四畳半というスペースで設けた酒場の存在意義も確認でき、良かったです。

大阪福島区の路地裏にある、外来BAR文化と融合した日本らしい空間感覚、市中の山居をイメージした都会の中の非日常。

それは、お客様の感覚、本当の自分らしさと向き合える、日常や生き方(ライフスタイル)に繋がる場所です。

たかだか一杯、酔うためだけにすぎないと思われがちなお酒ではありますが、文化との融合によって広がる世界感は無限大です。

大阪福島区路地裏の小空間にスタイルあるシーン(光景、瞬間)を。

写真 3
日常の中にさりげなくありますが、果たしている役割、存在は大きいですね。