BAR&アート アクア・ヴィテ IN GIVERNY

-BAR&アート アクア・ヴィテ IN GIVERNY-

企画 ジヴェルニー

Art Produce 七野 大一

期間 2017年4月12日~2017年4月24日

場所 大阪市福島区福島5-12-8-1F GIVERNY

休業 火曜日

-企画内容-

大阪福島区にあるBAR GIVERNY‐ジヴェルニーでは、2017年4月12日~4月24日の期間中、水と光をテーマにしたアート作品をカウンターに設え、BAR営業いたします。

光を受けた水は、繊細でありながらもエネルギーを秘めたゆらめきや色合いを創り出し、表情を変えながら時を刻みます。

刻々と姿を変える神秘的な水滴は、まさに時の刻みを象徴する存在です。

一滴一滴が生きていることを感じさせ、日常生活と向き合う時間の大切さを教えてくれます。

ジヴェルニーで生まれる水と光の世界感が、本当の自分らしさと向き合うきっかけに、そして日常を高めるための一助となれば幸いです。

※Aqua Vitae(アクア・ヴィテ)※
〝Aqua Vitae〟とはラテン語で、「Aqua=水、Vitae=生命」、つまり「いのちの水」のこと。中世、蒸留酒は 「アクア・ヴィテ」と名付けられ、世界各地に蒸留技術が広がりました。アクア・ヴィテは、歴史、名前共に神秘性を感じる、BAR 文化において欠かせない存在といえます。

 

4月12日から予定通り始まりました。

今回は、カウンター上、各席に4作品を設置。

昨年11月の開催時とは違う新作です。

通常、BARカウンターに壁はありませんが、各席にお客様だけの時間が流れているパーソナルな空間があります。

氷を水源とした4作品それぞれの時を刻む、しずくの一滴一滴が、そういったメッセージを感じさせてくれます。

いつもとは、違った観点からBAR、お酒をお愉しみいただければ幸いです。

 

DSC_0060

 

 

DSC_0063
氷設置なし

 

 

DSC_0171
氷設置あり

 

 

 

 

-展示 各作品-(作品説明文 制作者による)

 

 

No.1

キューブアイスは時間を刻む様にしずくとなり、円形シャーレに溜まり波紋を映す。

それは、年を重ねることで角がとれて丸くなる命の成長を表現してます。

 

DSC_0077

 

 

DSC_0101

 

 

DSC_0019

 

 

DSC_0008

 

 

DSC_0308

 

 

No.2

ゴツゴツしたアイスが、やがてしずくとなり、ガラスドームの舞台(天面)に息づく。

ドーム内には、光に照らされた水影が、少しづつ変化する命の経過を表現してます。

 

DSC_0057

 

 

DSC_0115

 

 

DSC_0182

 

 

DSC_0026

 

DSC_0359

 

No.3

角が取れた球体のボールアイスは、しずくとなり箱内の水盤に一滴一滴降り落ちる。

しずく(水)は、脈を打つ様に壁面へ投影される命の鼓動を表現してます。

 

 

DSC_0083

 

 

DSC_0095

 

 

DSC_0214

 

DSC_0324

 

DSC_0236

 

 

DSC_0255

 

DSC_0294

 

DSC_0283

 

No.4

電球型の氷から光が、こぼれ落ちる様に水がしたたり円形のお皿に波紋が広がる。

それは、水たまりが池となり、やがて大きな湖となるように、世間に様々な影響を与える命の広がりを表現してます。

 

DSC_0048

 

 

DSC_0132

 

 

DSC_0272