バーテンダー&カクテルの聖地 サヴォイホテルへ  記2014年5月30日

ロンドンに滞在。

旅行初日から感動と新たな感覚との出会いが続いていますが、今日はその中でもバーテン

ダーとして特別な1日でした。

なぜならば、バーテンダー、カクテルの聖地 サヴォイホテルのバーに来たからです。

 

P1050372
この地点で回れ右するとサヴォイホテルがあります。

 

 

P1050373

 

 

P1050439

 

 

 

ホテルのロビー左手にバーへのアプローチがあります。

両側の壁には世界の著名人たちの写真が飾られ、生地感が高級な絨毯の階段を進んでいくと

シェーカーの音が聞こえてきます。

このBAR入口までのアプローチ。

マジでたまりません。

すごかったです。

 

P1050438
ホテルロビーから繋がるBARまでのアプローチ。 階段のむこう、奥にBARがある。

 

 

P1050436
BARエントランス上部 サイン。

 

 

満席の中、たまたま案内された席がなんとバーカウンター前。

カクテルメイクが見える特等席です。

一杯目は、マティーニを。

 

P1050418

 

 

二杯目は、ホワイトレディ。

サヴォイカクテルブックのレシピとは違い、卵白を使用したホワイトレディ。

 

P1050420

 

 

三杯目はロンドン発祥カクテル トムコリンズ。

酸味、甘味のバランスを勉強。

 

P1050425

 

 

勢いに乗ってきた私は、ギムレットをオーダー。

 

P1050431
東京銀座の有名BARのギムレットを思い出すのは私だけだろうか。 ここのヘッドバーテンダーは、日本BAR業界、特に銀座の某バーテンダーにはかなり興味をもっているいう噂。

 

 

 

 

 

ギムレットをオーダー後、一連のオーダー内容に興味を持っていただき、「Wow!Your

order is nice!!Are you japanese bartender?」と聞かれ、

とっさに「Yes.」と答えると、より親切にいろんなことを教えてくれました。

その後も想像を超えるもてなしをしていただきました。

聖地ともいわれるサヴォイホテルのBARで粋な心遣い、気遣いの数々を目の当たりにし感

謝、感激です。

どのような業種もそうだと思いますが、ゲストが帰る時にこの店に来て良かったと思っても

らえることを目指さないといけないと思っています。

まさにそれの見本のような世界感が広がるBARでした。